交通事故体験談

私が事故をした際にややこしくなってしまった事に関して話をします。

一般に交通事故を起こしてしまった場合、その加害者と被害者は加害者の自動車保険で円満に示談するわけであります。本来はこれで済むのかと思ったのですが、被害者の方が納得いかないということで、ややこしくなったのであります。
円満に解決出来ないということで、弁護士が中に入って法的に話し合う形になったのです。

最近の交通事故は、事故を起こしてしまってからの話し合いは当人同士が話など一切しないようになっているようです。全て保険会社が中間に立ち、話を進めて示談をします。
また弁護士が入った場合は、弁護士同士の話し合いとなるのです。そのことから弁護士に任せるという形で話をして実に半年もかかってしまい示談ということになりました。結局全て保険での費用で賄ったのですが、これが実費となるとかなり多額な金額になります。この時に保険に入って良かったと思う程であります。また弁護士が中に入ったということですが、最近はその費用も保険に入っているので事故全てに関しての費用としては助かったわけであります。

しかし被害を受けた方には申し訳ない気持ちでいっぱいのまま事故以来にあっていない被害者の方に心から謝礼している私でありました。