交通事故とは

交通事故とは、交通機関における事故のことを言います。広義では鉄道・船舶・航空機などにおける事故を含みますが、一般的には道路における自動車・自転車・歩行者などの間に発生した道路交通事故を指すことが多いです。
また、旅客自動車において旅客が転倒したり、車内設備と接触したりして負傷する車内人身事故も交通事故として取り扱われます。

日本の法令上の交通事故

交通事故の定義

交通事故の定義を定める根拠法令等には、

  • 道路交通法:道路における車両等(自動車、原動機付自転車、自転車などの軽車両、路面電車、トロリーバスの全て)の交通に起因する人の死傷又は物の損壊(道路交通法第67条第2項)
  • 自動車安全運転センター法:道路交通法第67条第2項に定めるものに道路外で発生したものを含む
  • 自動車損害賠償保障法:自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命又は身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずる。(自賠責法第3条)
  • 厚生労働省疾病、傷害及び死因分類:基本分類コードV01-V99

などがある。一般的に「交通事故」といえば道路交通法上の交通事故をいいます。
なお、以下の場合は、道路交通法上の交通事故とはされません。

  • 道路外での事故
    この場合の「道路」は、一般交通の用に供する全ての場所を言います。ただ、運転免許の要件として「道路外致死傷」が新設され、道路交通法上でも一定の影響を及ぼすようになりました。
  • 歩行者の単独事故、または歩行者同士の衝突事故
  • 車両等の交通(道路上での運転および駐車・停車)に起因しない事故。例えば、自動車が自然に爆発炎上したような場合、乗車中の人が車のドアやその窓に身体を挟まれたような場合や、駐車場に放置駐車している車両が崖崩れなどの災害により被害に遭った場合。なお、ドアの開閉により道路を通行中の他の人・車と接触したような場合には(接触しなくても)、交通事故となります。また、車両等の運転中に崖崩れなどの外的要因により事故となった場合も交通事故となります。

交通事故の過失割合

過失割合とは、交通事故におけるお互いの過失(不注意)の度合いを割合で表したものです。
自動車損害賠償保障法では、自動車の運行によって人の生命又は身体が害された場合、自動車を運転する側は無過失等を証明しない限り賠償する責任を定めています。これは自動車は一歩間違えば凶器となるため当然のこととも言えます。

一方で交通事故が発生したとき、被害者にも事故の原因がある場合、加害者だけに損害額を負担させることは適正ではなく、判例で過失相殺によって落ち度のある分だけ加害者の負担を減らすことが決められています。特に自動車対自動車の場合に、この原則が強く適用されます。
(例)加害者の過失が60%程度、被害者の過失が40%程度である場合、過失割合は6:4。被害者に生じた損害の額が1000万であるとすれば、加害者はこの場合600万円の負担を負うことになる。

事故後の対応

過失割合を求めるとき絶対に必要なのが事故が起きた際に警察に通報することです。その場での安易な示談交渉は、後々のトラブルに繋がりかねません。第三者による客観的な実況見分が必要ですので、加害者になっても被害者になっても、どんな小さな事故であろうと警察に通報することは必要と考えてください。
事故後に交通事故証明書を提出し、さらに人身事故の場合は医師の発行する診断書・後遺障害診断書・死体検案書(被害者の死亡証明)を被害者側が提出することが必要となります。
また、必要に応じて休業損害証明書、給与証明書、修理費見積書なども用意しておくことがある。 交通事故のほとんどは示談で解決されるが、当事者同士の話し合いで解決できなかった場合は、裁判所で民事訴訟の手続を取る場合もあります。